top of page
検索

作家。

母が「あの道具どこ行ったんだろ」「金具もネルも見つからない」「何でもかんでも忘れてしまう」と愚痴りながら、それでも小さな作品を一所懸命に作っています。


元々せっかちな性格ではあるのですが、作品展を控えているわけでも注文を受けているわけでもないのに、作品づくりのお手伝いをして下さっていた友人に来てもらって、足りない材料を送って欲しいと頼んでいました。切羽詰まった感じで。


92歳になっても、酸素チューブをつけて生活していても、もう個展はしない、と言っていても、やはり母は作家なのだとつくづく感じます。


創らずにはいられないという、突き動かされるような想いが母の中には消えずにあるようです。

「作家」というのはオファーが来たから作るのではなく、元来そうあるべきなのかも知れません。


袋物と音楽。

ジャンルは違いますが、同じ創作者の端くれとして、娘として、できるだけ長く母が作家でいられるようにサポートしてあげられたらと思っています。



さて、これから明日の準備です。

明日は母の訪問看護もあるのでその用意もしてから出かけないといけないのです。

今夜のうちになるべくいろいろ済ませておこうっと。



明日はスマホから投稿する予定。

できるかな?笑


5件のコメント

最新記事

すべて表示

5 Comments


お母さんの創作への熱意、

嬉しいですね☺

Like

あみちゃん

夜分にこんばんは。

最近夜中まで起きている生活で

ちょっと寝不足気味です。

お母さんは、やっばり常に前向きなんですね。

金具もネルも の部分を

金具もルネも と読んでしまい

ひとりで、ん??と思いました。

あみちゃんのお母さんの作品

ひとつは自分に

もう一つは私の母が使っています。

大切に使わせていただいております。

あみちゃんのスマホから投稿デビューですか?

スマホの方も楽しいです。


Like

Keroyon Carrera
Keroyon Carrera
Oct 16, 2018

亜美さん、こんばんは!


先日拝見したお写真にある、穏やかな笑みの中の凛々しい眼力からも感じたのですが、

純粋に創作に注力される暁美母上のそのお姿に心打たれます。

強靭なご意思故か、ご自身の存在証明の如きその創作意欲が

益々盛んになられてるようで、お慶び申し上げます。

さすが、亜美さんの母上!!

究める世界は違えど、将に、「師」と存じます。


明日のライブ♪に備え、後顧の憂い無きよう^^// (スマホは絶対にお忘れなく!)



Like

ネジリー
ネジリー
Oct 16, 2018

職人として頭がさがります。


スマホからだとオモイですよぉ~~

Like

今晩は、亜美さん。

Rockです。

お母様の物作りに対する熱意素晴らしいですね。

もしかして修理して大切に使うことも熱心ではないでしょうか。

亜美さんが曲づくりに熱心なのはジャンルは違えどお母様ゆずりなんでしょうね。

Like
bottom of page