top of page
検索

昨日の「ルネ」と「ナタデココ」ライブ。

静かすぎる朝。

ひとりごとが増えました。

母とのバーチャル会話は楽しくもあり、淋しくもあり、不条理な想いの中に立ち止まらないようにと遺品の後片付けや障子張りやなんやかやできることを探して頑張っているような気がします。

今朝は昨日のライブの余韻が頭の中に残っていて、少しだけ気持ちが落ち着いています。

音楽はやはり素晴らしい。

さて、昨日の「POWERS2」でのライブの話を。

初めての「ナタデココ」。お馴染み西慎嗣くんと繊細な歌詞を書く岡本定義くんのユニットからライブは始まりました。スーッと心に入ってくる感じ。

そのあとは「ナタデココ」の曲に豪ちゃん、礼ちゃんの2人が入って「ナタデルネ」。

そして、「ルネ」。久しぶりの曲が登場しました。

そして今度は「ルネ」に西くんと定くんが加わって「ルネデココ」。

ルネの新曲をドカンと3曲やりました。ぐんぐん温度が上昇します。

レコーディングエンジニアをやっている私としても(笑)会場が盛り上がってくれて嬉しかったです。

後半はやはり「ルネデココ」スタイルで「ルネ」の大ヒット曲を。笑

礼ちゃんの自由すぎる進行が可笑しかったー。

最後は全員入り乱れてのカバー三昧。一緒に観たJC(デトロイトで知り合った超音楽好きなアメリカ人です)もめぐみんも大喜びでした。


とは言いつつも、今朝もベランダを片付けました。笑

収納ボックス(3段)を置いて荷物を入れられるようにしました。

母の道具を入れるか、あまり使わない調理器具を入れるか、思案中。

5件のコメント

最新記事

すべて表示

5 Comments


あみちゃん

自分の心に正直に

焦ったり無理したり

しないでいてください。

私は大好きな父が亡くなって

どんな事でも小さな事だと

許せる自分になることを

教えてもらいました。

ナタデココと言う食べ物を

初めて知ったときは衝撃的だった事を思い出しました。

あみちゃんネーミングセンス

最高です。

Like

Keroyon Carrera
Keroyon Carrera
Mar 16, 2019

亜美さん、こんばんは。


「ルネ」と「ナタデココ」が組んず解れつの楽しいライブだったようですね。

その瞬間の創造的ハラハラドキドキも音楽の魅力のひとつだと思います。

レコーディングエンジニアであり保護者的でもある亜美さんは、

きっとその時間、「音楽」の世界にどっぷり浸かってらしたのかもと想像しました。

ならば、もし、発言をお許し頂けるならばの仮定ですが、

不条理な想いを薄めるには、いみじくも「音楽」が一番かなと、

甚だ僭越ながら申し上げる次第でございます。

でも、一番があるのだから二番もアリだと存じます。(汗)


Like

本舗Smile
本舗Smile
Mar 16, 2019

明代です。

亜美さん、ご無沙汰致しております。

ブログは拝見しておりました。

お母様とのお別れは、悲しく寂しいことです。皆さまと、同じく、嘘であって欲しいような想いです。

ファンの方々にも気遣いを忘れない、美しく優しいお母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

肉体を脱ぎ捨て、痛みも聴覚も元通り。全部聴こえてます!自由になったお母様。本当に美しいですね。

お母様をお手本に、有限の時間を精一杯生き抜かなくてはなりませんね。

♪命は永遠〜aroundの言霊。亜美さんに感謝です。

Like

ぷにぷに
ぷにぷに
Mar 16, 2019

こんにちは、亜美さん🤗「ルネデココ」大盛り上がりだったんですね😍

ホンマに音楽は最強ですね🎹🎶どんな気分の時にも頭の中では音楽が鳴り響きますもん🎶

頭の中でぐるぐる回る音楽が色んなものを塗り変えてくれます。出てくる涙は色んなものを洗い流してくれます。音楽🎶すっげー!(と、ちょっと若作りな表現をしてみました💨)

今日は朝から頭痛が取れないんですが、頭の中では何故か「ポアンカレ」が鳴っているのでニコッとできます(亜美さんの曲ちゃうんかいっ!笑)

Like

いるまのねこ
いるまのねこ
Mar 16, 2019

亜美さん、こんにちは。


気持ちがスッキリしないご様子ですね。

私も二十歳そこそこで55歳の父を亡くし、いろいろな事が思い浮かびました。

あまりに急で、死んだ気がせず、

亡くなったのは嘘で、

どこか離れてる場所にいて

数年したら急に帰って来るんじゃないかとか、亡骸を見ても

蝋人形じゃないか!とか

喪主を務めたクセに父と頭の中で会話しながら、こんな事を思っていました。

あの時の私はあまりに忙しくて

乗れませんでしたが、

たまには時のゆりかごに乗って欲しいです。

何も考えず動かず、赤ちゃんのようにまあるくなって、

時に身を任せる時間が少しでも、

亜美さんの気持ちを和らげる事になる事をお祈りしています。

Like
bottom of page