top of page
検索

「のさ言葉」?

礼ちゃんから教えてもらいました。

「のさ言葉」っていうのがあるそうです。

言葉の最初の音のあとに「のさ」ってつけるんだって。

「ばかやろー」は「ばのさかやろー」。「あほたれー」は「あのさほたれー」。

この公式に則ると、「小原礼」は「おのさはられのさい」になります。

私の名前は「おのさざきあのさみ」になるらしいです。なんじゃそりゃ。

私は知らなかったんだけど、関東圏の人は知ってるのかな?


私は「っくり」「っくりこ」が入るのは知ってました。♪

「ゆっくり夕焼けこっくり小焼けでひっくり日が暮れてっくりこ」ってやつ。

ちなみに礼ちゃんは知りませんでした。こっちは関西?

ついでだから先も書いときます。

「やっくり山のおっくりお寺のかっくり鐘がなるっくりこ」

「おっくりおててつっくり繋いでみっくりみな帰ろっくりこ」

「かっくり烏といっくり一緒にかっくり帰りましょっくりこ」

口が楽しいー。

あ、こんなのもあった!

「たーでーたーでーがーきーつー、いーるまいーるまいるまんまー、のおんぼなうよ、がーきーつー」

タイトルは「月」だっけ?「出た出た月が〜」を逆さに歌うやつ。


子供時代、何故こういうのを嬉々として歌っていたのだろう?

脳がちょっとだけ複雑になって、面白かったのかな。




7件のコメント

最新記事

すべて表示

7 comentarios


ぷにぷに
ぷにぷに
31 jul 2019

のさ言葉 初めて聞きました。

私が中学生くらいの頃言葉の間に バビブベボ を入れるのが流行りました。

おざきあみ→おボざバきビあバみビ って感じです。

Me gusta

南アルプスY

のさ言葉かわからないけど、

高校の頃、こんな話し方が流行りました。横浜市ですが・・

うろ覚えなのでよくわかりませんが、同じクラスの子が不思議なしゃべり方をしてましたね~

Me gusta

なみ
なみ
31 jul 2019

亜美さんこんばんは

私は中学校の頃に

ぱぴぷぺぽ を言葉の間に入れておしゃべりする遊びをしていました。

おはよう でしたら

おぱはぴよぷうぺ ですね

今は直ぐには話せないと思いますが、その頃はずーっとそれで友達と話していました( *´艸`)

亜美さんのお話で思い出しました


すごく懐かしいです(* ´ ▽ ` *)

Me gusta

亜美さん、こんにちは。


のさ言葉、知りませんでした😅

音読したら、カミカミになりそうですね❗

方言とは違うと思うし、

何でしょうね?

Me gusta

亜美さん、こんにちは。


懐かしい~、たーでーたーでがーきーつは小学校時代によく歌ってました、関西圏のみ?。(笑)


他は知りません、あとは♪もりトンカツーいずみニンニク♪も歌ってました、これは全国区ですね。ヾ ^_^♪


Me gusta
bottom of page