検索

「のさ言葉」?

礼ちゃんから教えてもらいました。

「のさ言葉」っていうのがあるそうです。

言葉の最初の音のあとに「のさ」ってつけるんだって。

「ばかやろー」は「ばのさかやろー」。「あほたれー」は「あのさほたれー」。

この公式に則ると、「小原礼」は「おのさはられのさい」になります。

私の名前は「おのさざきあのさみ」になるらしいです。なんじゃそりゃ。

私は知らなかったんだけど、関東圏の人は知ってるのかな?


私は「っくり」「っくりこ」が入るのは知ってました。♪

「ゆっくり夕焼けこっくり小焼けでひっくり日が暮れてっくりこ」ってやつ。

ちなみに礼ちゃんは知りませんでした。こっちは関西?

ついでだから先も書いときます。

「やっくり山のおっくりお寺のかっくり鐘がなるっくりこ」

「おっくりおててつっくり繋いでみっくりみな帰ろっくりこ」

「かっくり烏といっくり一緒にかっくり帰りましょっくりこ」

口が楽しいー。

あ、こんなのもあった!

「たーでーたーでーがーきーつー、いーるまいーるまいるまんまー、のおんぼなうよ、がーきーつー」

タイトルは「月」だっけ?「出た出た月が〜」を逆さに歌うやつ。


子供時代、何故こういうのを嬉々として歌っていたのだろう?

脳がちょっとだけ複雑になって、面白かったのかな。




7件のコメント

Copyright © 2019 B's Club Office All rights reserved.